運営事務局、
地域からのお知らせ
(セミナー、フォーラム、
交流事例等)

平成16年度モデル事業
モニターツアー紹介

SSL

本サイトはプライバシー保護のため、個人情報を記入するフォームにおいて、SSL暗号化通信を採用しています。

トップページ >>>  ボランティア情報

印刷用

詳細情報

以下が情報の詳細になります。この情報に対して、お問い合わせや参加申し込みなどをされる方は、このページの下にあるPDFをダウンロードしてFAXを送信するか、「インターネットから問い合わせをする」という文字をクリックして下さい。

11/23(木・祝)秋の体験ボランティア「多摩の森・大自然塾」〜学生編〜

【内容(一言アピール) 】☆中学生・高校生・専門学生・短大生・大学生向けプログラム☆ ◎自然を守るボランティアに体験してみませんか? 【と き】2017年11月23日(木・祝) 【ところ】東京都西多摩郡奥多摩町  【集 合】JR青梅線「鳩ノ巣」駅前 9:40 《参 考》立川8:25発(JR青梅線)~青梅8:56着~青梅8:57発~鳩ノ巣9:37着 【内 容】森づくりボランティア体験 ※フィールド案内・手道具の使い方・森づくり作業など 【参加費】200円  【対 象】生徒・学生(中学生以上) 【定 員】30名 【締 切】11月5日(日) ◎詳細・お申し込みは「多摩の森・大自然塾 鳩ノ巣フィールド」のご案内・報告ページをご覧ください。 http://hatonosu.blog39.fc2.com/blog-entry-313.html 【持ち物】 昼食・飲み物(500mlペットボトル2本以上)・作業に適した格好(手首や足首まで覆われている長袖・長ズボン等)・滑り止め付き軍手・靴(長靴 or トレッキングシューズ等)・ヘルメットを着用する際に巻く手ぬぐいやバンダナ・汗拭きタオル・雨具(上下分かれる合羽)・お弁当を入れ両手をあけて歩けるかばん(リュック等)・筆記用具等 【スケジュール(予定)】   9:40 参加者集合、受付、移動(JR青梅線「鳩ノ巣」駅前)  10:00 開塾式  10:15 フィールドへ移動  10:30 森林ボランティア体験活動  12:00 昼食  12:45 森林ボランティア体験活動  14:40 作業終了・下山・道具の手入れ  15:00 各班ごとに振り返り  15:20 閉塾式  15:30 解散 【「多摩の森・大自然塾」森林ボランティア体験講座とは?】 森林が元気であるためには、何十年もの長期的かつ継続的な手入れが必要となります。 「多摩の森・大自然塾」では、四季を通した森林ボランティアの体験を通じて、森林を今よりも身近に感じてもらい、これから自分は、森林のために何ができるのか考えるきっかけづくりをしています。 作業の目的や方法は、作業をはじめる前に説明します。予備知識がなくても気軽に参加していただけます。自分の体力とも相談し、「安全に、楽しく」作業をしましょう。 今回は、学生を対象とした特別編。学生のみなさん、まずは1日、森林とかかわる体験をしてみませんか?

情報の種類 林業手伝い
ボランティア先または施設名 東京都西多摩郡奥多摩町「鳩ノ巣フィールド」
所在地(連絡先) 東京都西多摩郡奥多摩町 
代表者名(フリガナ) お問い合わせください 担当者名(フリガナ) 富井(トミイ)
電話番号 03-5307-1102 FAX番号 03-5307-1091
メールアドレス juon-office@univcoop.or.jp
ホームページURL http://juon.univcoop.or.jp/
アクセス(最寄り駅からの交通機関・所要時間等) JR青梅線鳩ノ巣駅前集合。徒歩10分
作業予定時間 5時間程度 参加希望人数 (募集人数) 定員30名
開催期間 (年月日~年月日) 2017年11月23日から 2017年11月23日まで 申し込み締切日 2017年11月5日まで
ボランティアが持参するもの 昼食・飲み物(500mlペットボトル2本以上)・作業に適した格好(手首や足首まで覆われている長袖・長ズボン等)・滑り止め付き軍手・靴(長靴 or トレッキングシューズ等)・ヘルメットを着用する際に巻く手ぬぐいやバンダナ・汗拭きタオル・雨具(上下分かれる合羽)・お弁当を入れ両手をあけて歩けるかばん(リュック等)・筆記用具等
ボランティア参加者への注意事項、希望、コメント等 お問い合わせください
特記事項(交通・宿泊・食事・ボランティア保険の有無などについて) 集合場所までの交通費は各自ご負担下さい。 飲み物・昼食はご持参下さい。 グループや友人でお申し込みされた場合、別々の班になる可能性がございます。予めご了承下さい。
 

ご注意:参加にあたっては、ボランティア保険の加入が必要です。また、合わせて旅行障害保険に各自でお入りいただくことを推奨します。