運営事務局、
地域からのお知らせ
(セミナー、フォーラム、
交流事例等)

平成16年度モデル事業
モニターツアー紹介

SSL

本サイトはプライバシー保護のため、個人情報を記入するフォームにおいて、SSL暗号化通信を採用しています。

トップページ >>>  ボランティア情報

印刷用

詳細情報

以下が情報の詳細になります。この情報に対して、お問い合わせや参加申し込みなどをされる方は、このページの下にあるPDFをダウンロードしてFAXを送信するか、「インターネットから問い合わせをする」という文字をクリックして下さい。

世界自然・野生生物映像祭in名古屋

【内容(一言アピール) 】NPO法人地球映像ネットワークが1993年から富山県で2年に1度開催している、アジア・オセアニア最大のワイルドライフ国際映画祭、「世界自然・野生生物映像祭」が、COP10前日のプレイベントとして名古屋で初めて開催されます。 この映像祭に世界中から応募された3000本を超える作品の中から、「生物多様性」、「自然との共生」をテーマとした作品13本、世界10カ国の作品を一挙上映します。 また、9日(土)には、第1回目より映像祭の審査委員長を務める、羽仁進監督による、映像を交えたトークショー「生物多様性とは何か」が開催されます。 「世界自然・野生生物映像祭 in名古屋」 ~映像で見る地球の生物たち~ 日時:2010年10月9日(土)・10日(日) 場所:ミッドランドホール(名古屋駅前) 入場料:無料 ◆9日(土) 10:45- 開場 13:00- オープニング上映 & 「アフリカの夏~ルアングワ川の戦い~」 (50分/南アフリカ) 14:30-  講演:羽仁進監督「生物多様性とは何か」 16:45- 「現代のイソップ物語~ピーター・ ラロビッチの世界~」3作品 (26分/セルビア) &「象と木の物語」(3分/シンガポール)  17:30- 「シャチの海へ」(52分/フランス) ◆10日(日) 10:15- 開場 10:30- 「運命の川 マラ」(50分/ドイツ) 11:35- 「種を集める人」(52分/オーストラリア) 13:00- 「生命は誰のものか?」(26分/ジンバブエ) 14:40- 「自然は今、アラル海が消える」 (48分/カナダ) 15:45- 「グリーン」(48分/フランス) & 「森の涙」(8分/インドネシア) 17:55- 「ボルネオの小さなゾウ」(52分/オランダ)

情報の種類 音楽・美術等、文化活動に関する手伝い
ボランティア先または施設名 ミッドランドホール
所在地(連絡先) 東京都新宿区 赤城下町11-1
代表者名(フリガナ) 太田裕久(オオタヒロヒサ) 担当者名(フリガナ) 堀越洋志(ホリコシヒロシ)
電話番号 03-5261-9907 FAX番号 03-5261-9760
メールアドレス nfn2@naturechannel.jp
ホームページURL http://www.naturechannel.jp
アクセス(最寄り駅からの交通機関・所要時間等) JR名古屋駅(徒歩5分)、地下鉄名古屋駅(徒歩1分) 名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅(徒歩3分)
作業予定時間 5~7時間 参加希望人数 (募集人数) 10名
開催期間 (年月日~年月日) 2010年10月9日から 2010年10月10日まで 申し込み締切日 2010年10月8日まで
ボランティアが持参するもの 動きやすい格好
ボランティア参加者への注意事項、希望、コメント等 映像祭Tシャツをボランティア参加者みなさんにプレゼント! また、映像をボランティアのみなさんもたくさん見てください!!
特記事項(交通・宿泊・食事・ボランティア保険の有無などについて) 全日参加者にはお昼を支給します
 

ご注意:参加にあたっては、ボランティア保険の加入が必要です。また、合わせて旅行障害保険に各自でお入りいただくことを推奨します。