運営事務局、
地域からのお知らせ
(セミナー、フォーラム、
交流事例等)

平成16年度モデル事業
モニターツアー紹介

SSL

本サイトはプライバシー保護のため、個人情報を記入するフォームにおいて、SSL暗号化通信を採用しています。


平成16年度モデル事業 > 九州 > 鹿児島県出水市 > アクセス情報・地域情報

鹿児島県出水市

平成16年度モデル事業 モニターツアー紹介

アクセス情報・地域情報 ボランティア体験談

アクセス方法
航空機利用
 
・東京から   1時間50分
・名古屋から 1時間30分
・大阪から 1時間10分
  ※鹿児島空港から出水駅まで、シャトルバスで1時間20分
鉄道利用
 
・博多駅から 特急で2時間
・鹿児島中央駅から 新幹線で25分  
マイカー利用
 
・福岡市から 3時間40分 ・鹿児島中央駅から 1時間40分
 
レンタサイクル
 
出水市のレンタサイクルの情報です。 料金は3時間未満300円(1時間増す毎に100円) 1日(9:00~17:00)800円です。

主な宿泊情報
  宿泊先名 所在地 電話番号
泉屋旅館 昭和町3-160996-62-0464
ホテルキング 向江町5-180996-62-1511
薩摩つる乃湯 六月田9410996-67-5000

主な地域の産業・観光スポット

武家屋敷郡  出水市の麓町を中心とした住宅地一帯は,平成7年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。  出水麓は,出水郷に赴任する薩摩藩士の住宅兼陣地として,中世山城である出水城の麓の丘陵地帯を整地して作られたところです。その整地には,関ケ原の戦いの前年(1599年),本田正親が初代地頭に着任してから,3代地頭の山田昌巖の治世下まで,約30年かかりました。出水麓は,薩摩藩内で最も規模が大きく,藩内のほかの麓は,出水に倣ったといわれています。  出水は,肥後(現在の熊本県)と薩摩の国境の町として,藩の防衛上重要な町であることと,一国一城制度下の薩摩藩の外城制度(島津氏による,藩体制強化のための政治制度)により,出水には数多くの薩摩藩士を郷士として住み着かせ,藩境の防衛の任に当たらせました。武家屋敷とそのまち並みは,当時からの薩摩藩士の気風を今に伝えるかのように,整然とした趣と閑静な佇まいを感じさせます。  国の重要伝統的建造物保存地区に選ばれたこの地区は,面積約44ヘクタールの広さを有し,出水市指定文化財である,出水假屋門・武家門・石垣・生垣や竹添屋敷など4軒の建築物があるほか,伝統的建造物として特定された建造物などがほぼ昔の姿で残っており,当時の面影を今に伝えています。
ツルの渡来地・観察センター 鉄筋コンクリート2階建てのセンターの目玉は,なんといっても360度の大パノラマ。そこに広がる大自然のおりなす一大風物詩ともいえるツルの美しい舞。間近でツルの生態を見ることが出来ます。また,パネルやビデオによるツルの情報にも一見の価値があります。まるで,ツルのものしり図鑑といったところでしょうか。館内には食堂や売店も完備され,出水の冬の観光スポットとして人気があります。
さつま木挽(さつまこびき) 鹿児島県はシラス台地に覆われており芋を栽培するには適しています。出水市は大化の改新以降、地名になるほど湧き水が豊富に出ることで知られています。自然の原料を用いた材料で作られる芋焼酎は格別であり出水市の特産として知られています。
真鍋果樹園 出水市は、九州でも有数の温州みかんの産地です。「出水みかん」は糖度が高く、品質の良いみかんとして高い評価を受け、地元九州はもとより、関西・関東方面でも需要が伸びており、また、みかんワインも製品化されお土産に喜ばれています。 入園料:無料 持帰り料金150円~200円/1kg
薩摩つる乃湯 大浴場は気泡、超音波、サウナ、木枕を敷いて入る寝湯など浴槽も多彩。 露天風呂に併設する温めの浴槽は子供達の遊び場になっています。 朝から晩までお客さんの絶えない出水市内で人気の温泉です。 入浴時間は午前6:00~午後10:00 大人300円です。
出水ツルマラソン  第20回出水ツルマラソン第3回アジアマスターズロード選手権大会は下記の要領で開催します。  みなさまのご参加をお待ちしております。詳細はHPまで。申し込み期限は平成17年12月22日(木)(当日消印有効)です。

アクセス情報・地域情報 ボランティア体験談

トップヘ戻る ▲